1. Perl
  2. インストール

Strawberry PerlをWindowsにインストールする

Strawberry Perl(ストロベリーパール)はWindowsでPerlを利用するために作成された商用利用可能なPerlのディストリビューションのひとつです。Strawberry Perlは、インストールが簡単で、C言語のコンパイラ「MinGW」、CPANモジュールインストーラー「cpanm」、画像処理などで良く使うCライブラリが添付されています。

Strawberry Perl for Windows

Strawbery Perlは、会員登録なしでダウンロードができます。古いバージョンのPerlもダウンロード可能です。

MinGWは、Linuxで標準的に使われているgccというC言語のコンパイラのWindowsの移植です。またStrawberry PerlではGNU makeのWindowsへの移植であるgmakeが使えます。gccとgmakeがあると、CPANで公開されている多くのC/C++で書かれたモジュールがWindowsにインストール可能です。

CPANモジュールインストーラーcpanmは、CPANモジュールを、速く、簡単に、コマンドでインストールできます。cpanfileを定義すると、必要なモジュールの定義ができます。

Strawberry Perlのダウンロード

Windows 10を想定して、ダウンロードとインストール方法を解説します。Windowsの古いバージョンでも、手順はほとんど同じです。

Strawberry Perlをダウンロードして、インストールしてみましょう。2021年の最新のPerlは、Perl 5.32です。

以下のリンクからStrawberry Perl 5.32 64bit MSI installerをクリックして、Strawberry Perlをデスクトップにダウンロードしましょう。

MSI installerというのはWindowsのデフォルトのインストーラーという意味です。

末尾のバージョン番号が少し違うこともあるかもしれませんが、気にしないで大丈夫です。

ほとんどの場合は64bit版のWindowsで大丈夫だと思いますが、32bit版が必要な方は、32bitの方のStrawberry Perlをダウンロードしてください。

Strawberry Perlのインストール

ダウンロードしたStrawberry Perlをダブルクリックします。

インストーラーが起動します。空き容量の計算に少し時間がかかる場合がありますが、そのまま待ちましょう。

インストーラーが起動しますので「Next」を押して進みます。

途中で「I accept the terms in the License Agreement」というチェックボックスがでてくるので、チェックをいれて「Next」を押します。

さらに「Next」を押して進んでいって、最後に「Install」をクリックするとStrawberry Perlのインストールが始まります。

ここで「この不明な発行元からのアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」というダイアログが表示されると思いますが、「はい」をクリックしましょう。

5分くらい時間がかかるので待ちましょう。

プログレスバーが満タンになると、Strawberry Perlのインストールが完了します。

「Finish」を押してダイアログを閉じましょう。Readmeが表示されますが、これも閉じて大丈夫です。

実演動画

Strawberry Perlのインストールの動画による実演です。

Perlがインストールされていることの確認

インストールが完了したら実際にStrawberry Perlがインストールできているか確認してみましょう。

コマンドプロンプトというツールをを実行してPerlのバージョンを表示してみます。

コマンドプロンプトは、「スタートメニュー」→「アプリの一覧」→「Windowsシステムツール」→「コマンドプロンプト」から実行できます。

黒い画面がでてくるので、以下の文字をキーボードからうち「Enter」を押してみてください。

perl -v

次のようにバージョン情報が表示されればインストールは成功しています。

This is perl 5, version 32, subversion 0 (v5.32.1) built for MSWin32-x64-multi-thread

これでStrawberry Perlのインストールは完了です。

WindowsでPerlを実行するためにはコマンドプロンプトと呼ばれるものを利用します。perlコマンドを使ってPerlスクリプトを実行できるようになります。

Strawberry Perlで、Perlを入門したい場合は、コマンドプロンプトの使い方を学びましょう。

コマンドプロンプトの使い方を知りたい方は「Perlを実行するためのコマンドプロンプト入門」という記事で解説しています。

Strawberry Perlがうまく動かない

Strawberry Perlがうまく動かない場合のトラブルシューティングです。

PATH環境変数の優先順位

Active PerlやStrawbery Perl 32bitなど別のPerlがインストールされていると、PATH環境変数の優先順位の問題で、インストールしたStrawberry Perlが動かない場合があります。

PATH環境変数の設定で、インストールしたStrawberry Perlのperlのパスを一番前に移動するか、使用していないのであれば競合しているPerlをアンインストールしてみてください。

Windowsにおける環境変数の設定方法については、検索してください。

MSI以外におけるインストール

MSI以外におけるStrawberry Perlのインストールについての紹介。

ZIP版Strawberry Perl

Windowsの管理者権限がなく、管理者としてインストールできない場合は、ZIP版のStrawberry Perlが利用可能です。

ポータブル版Strawberry Perl

Strawberry Perlにはポータブルなエディションがあり、インストールなしで、Strawberry Perlが利用可能です。USBスティックから直接Perlを使ったり、USBスティックからからStrawberry Perlのディレクトリをコピーして、Perlを使えます。

その他のWindowsへのPerlのインストール方法

WindowsへPerlをインストールするその他の方法については、以下を参考にしてください。

ActivePerl

もうひとつの代表的なWindowsにおけるPerlディストリビューションであるActive Perlと比較したい場合は、Active Perlのダウンロードとインストールの記事をご覧ください。

msys2

Windows上に、Linuxの疑似環境を作って、Perlを利用したい場合は、msys2が利用できます。Windowのファイルシステムが扱え、手順がダウンロードとインストールだけなので、Linux環境を作る他の方法と比べると簡単です。

他のコマンドラインツール

Perlを実行する他のコマンドラインツール.

業務に役立つPerl

関連情報