1. Perl
  2. モジュール
  3. here

cpanm - CPANモジュールをユーザーディレクトリへインストール

cpanmを使うとユーザーディレクトリにCPANモジュールをインストールすることができます。cpanmは、Perlのモジュールインストーラーとして、デフォルトで採用するディストリビューションも増えています。

# CPANモジュールのインストール
cpanm モジュール名

cpanmのインストール

cpanmのインストール方法を解説します。

Strawberry Perl

Windowsで利用できるPerlディストリビューションであるStrawberry Perlでは、cpanmを標準で利用することができます。

perlbrew

perlbrewでPerlをユーザーディレクトリにインストールした場合は、以下のコマンドでcpanmをインストールできます。

perlbrew install-cpanm

plenv

plenvでPerlをユーザーディレクトリにインストールした場合は、以下のコマンドでcpanmをインストールできます。

plenv install-cpanm

cpanm単体でダウンロード

cpanmは、単体のコマンドとしてダウンロードすることも可能です。

# cpanmのインストール
curl -L -O http://xrl.us/cpanm > cpanm
chmod 755 cpanm

単体でダウンロードした場合は、以下のようにして実行します。

# CPANモジュールのインストール
./cpanm モジュール名

配布するアプリケーションに組み込む場合に便利です。

モジュールのインストール

Mojoliciousというモジュールをインストールしてみましょう。

cpanm Mojolicious

バージョンを指定してインストール

バージョンを指定してインストールすることができます。

cpanm Mojolicious@9.23

指定したディレクトリにインストール

指定したディレクトリにCPANモジュールをインストールするには-Lオプションを使用します。

cpanm -L extlib DBIx::Custom

カレントディレクトリのextlibというディレクトリにDBIx::Customがインストールされます。

cpanfile - インストールするモジュールの定義

cpanfileを使うと、インストールするモジュールを定義することができます。

cpanfileの記述

cpanfileを記述します。cpanfileはモジュールとモジュールのバージョンを指定するためのファイルです。cpanfileという名前のファイルを作成してください。以下のような記述を行います。

requires 'DBI', '== 1.619';
requires 'DBD::SQLite', '== 1.36_04';
requires 'DBIx::Custom', '== 0.25';

次のフォーマットで記述します。

requires モジュール名 バージョン

バージョンには次の表記を使うことができます。

意味 書式 サンプル
指定したバージョン == バージョン == 0.03
指定したバージョン以上 バージョンのみ あるいは >= バージョン 0.03 あるいは >= 0.03
指定したバージョン以下 <= <= 0.03
指定したバージョンより大きい > バージョン > 0.03
指定したバージョンより小さい < バージョン < 0.03

モジュールのインストール

cpanmの--installdepsオプションを使うと、cpanfileの定義を使って、モジュールをインストールしてくれます。

# cpanfileの定義を使ってモジュールをインストール
cpanm --installdeps .

-Lオプションを使えば、指定したディレクトリにモジュールをインストールすることもできます。

cpanm -L extlib --installdeps .

業務に役立つPerl

関連情報