1. Perl
  2. オブジェクト指向
  3. 構文
  4. package

クラスの作成 - package

クラスを作成方法を解説します。

1. クラスを作成するにはパッケージ宣言を行う。

Perlではクラスを作る特別な構文はありません。パッケージ宣言をすることでクラスを作成します。

package Book;

これで、Bookクラスが出来上がります。

2. クラスの雛形 コンストラクタとアクセッサ

もの型クラスの場合の雛形はこんな感じです。オブジェクトを作成するためのコンストラクタとオブジェクトのフィールドにアクセスするためのアクセッサから構成されます。

package Book;

sub new { # コンストラクタの実装 }

sub title { # アクセッサの実装 }
sub author { # アクセッサの実装 }

ひと型クラスの場合はこんな感じです。

package FileParser;

sub new { # コンストラクタの実装 }

sub encoding { # アクセッサの実装 }
sub err_raise { # アクセッサの実装 }

sub parse {
  # ファイルを解析するメソッドの実装
}

この形からクラスはスタートします。では、次回はコンストラクタの実装を解説します。

Perlテキスト処理のエッセンス
  • 初級者向け・テキスト処理と正規表現の基本をマスター
業務に役立つPerl
  • 実務者向け・ログ解析など日本語を含むテキスト処理の実践!
Perlクラブ
  • 仲間と出会い
    ゆとりあるエンジニアライフを送る