1. Perl
  2. 標準関数
  3. here

chr関数 - 数値をASCIIに変換

chr関数を使用すると数値をASCII(アスキー)コードに対応する文字に変換することができます。第1引数にASCIIコードを指定するとそれに対応する文字が戻り値で返ります。これはord関数の逆の演算です。

my $char = chr $ascii_code;

chr関数のサンプル

chr関数を使って、数値をASCIIコード対応する文字に変換するサンプルです。

use strict;
use warnings;

# ASCII文字コードでは65,66,67はそれぞれ 'A','B','C'に対応する。
my $a_num = 65;
my $b_num = 66;
my $c_num = 67;

print chr($a_num) . "\n";
print chr($b_num) . "\n";
print chr($c_num) . "\n";

chr関数の動画解説

Perlテキスト処理のエッセンス
  • 初級者向け・テキスト処理と正規表現の基本をマスター
業務に役立つPerl
  • 実務者向け・ログ解析など日本語を含むテキスト処理の実践!
Perlクラブ
  • 仲間と出会い
    ゆとりあるエンジニアライフを送る