1. Perl
  2. 標準関数
  3. here

chomp関数 - 改行を削除する

chomp関数を使用すると、改行を削除することができます。

# 末尾の改行を削除
chomp $line;

chomp関数は、特殊変数「$/」に設定されている改行文字を取り除きます。

Windows、Linux/UNIX、Macでは16進数で「\x0A」です。旧Macでは16進数で「\x0D」です。

改行コードの表現に依存しないで改行を削除する

現実的に存在すると考えられる改行コードは「\x0A」「\x0D」「\x0D\x0A」の3種類です。

これらの改行コードを、その違いを意識しないで削除するには、正規表現を使って、次のように記述します。

# 環境に依存しないで末尾の改行を削除
$string =~ s/\x0D?\x0A?$//;

サンプル

chomp関数を使ったサンプルです。

use strict;
use warnings;

my $message = "I like a cake.\n";

# 行末の改行を削除する
chomp($message);
print $message;

業務に役立つPerl

関連情報