1. Perl
  2. 構文
  3. 文字列
  4. here

シングルクォート文字列

シングルクォート文字列とは、シングルクォートで囲まれた文字列です。ダブルクォート文字列とは違って、変数展開は行われず、改行文字「\n」などのダブルクォート用のエスケープシーケンスも使えません。

# シングルクォート文字列
my $name = 'Perl Tutorial Book';

変数展開は行われず、改行文字もそのまま表示されます。

my $message = 'I like $book\n';

# 「I like $book\n」と表示される。
print $message;

シングルクォート文字列は、変数展開や改行文字を使わない文字列定数であることを明示的に表現したいときに使うことができます。

シングルクォート文字列のエスケープシーケンス

シングルクォート文字列のエスケープシーケンスの一覧です。

エスケープシーケンス意味
\''
\\\

シングルクォートの中で、シングルクォートを表現する「\'」と、バックスラッシュ自体を表現する「\\」を覚えておきましょう。

my $message = 'I \'m honest Perl User\\';

シングルクォート文字列のエスケープシーケンスの解説ページは以下です。

もしシングルクォートが含まれた文字列をコピー&ペーストで利用したい場合は、シングルクォート演算子を使うこともできます。

シングルクォート文字列の動画解説

Perlテキスト処理のエッセンス
  • 初級者向け・テキスト処理と正規表現の基本をマスター
業務に役立つPerl
  • 実務者向け・ログ解析など日本語を含むテキスト処理の実践!
Perlクラブ
  • 仲間と出会い
    ゆとりあるエンジニアライフを送る