【書籍案内】Perlベストプラクティス

「Perlベストプラクティス」は、Perlの良い書き方の慣習について、書かれたものです。筆者が、現代のPerlで推奨されると考える書き方が解説されています。

内容説明

著者の22年間にわたるプログラミング経験による200を超えるガイドラインで学ぶ真のテクニック。

Perlベストプラクティスの目次

Perlベストプラクティスの目次です。

目次
ベストプラクティス
コードのレイアウト
命名規則
値と式
変数
制御構造
ドキュメント
組み込み関数
サブルーチン
I/O
参照
エラー処理
コマンドライン処理
オブジェクト
クラス階層
モジュール
テストとデバッグ

著者等紹介

コンウェイ,ダミアン[コンウェイ,ダミアン][Conway,Damian]

コンピュータサイエンスの博士号を取得し、オーストラリアのメルボルンにあるモナッシュ大学コンピュータサイエンス/ソフトウェアエンジニアリングスクールの名誉助教授に任命されている。現在は、Thoughtstreamという国際的なITトレーニング会社を経営しており、ヨーロッパ、北アメリカ、オーストラリアでビジナーレベルからマスターレベルまでのプログラマを育成している。1998年、1999年、2000年度のLarry Wall Awards for Practical Utilityに輝いている。毎年開催されるPerl Conferenceの最優秀研究論文賞の常連でもある。The Perl Conferenceの技術委員を務めている。Perlモジュールの作成者でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

Perlテキスト処理のエッセンス
  • 初級者向け・テキスト処理と正規表現の基本をマスター
業務に役立つPerl
  • 実務者向け・ログ解析など日本語を含むテキスト処理の実践!
Perlクラブ
  • 仲間と出会い
    ゆとりあるエンジニアライフを送る