1. Perl
  2. 演算子
  3. ファイルテスト
  4. here

最終更新から経過した日数を取得する

最終更新から経過した日数を取得するにはファイルテスト演算子「-M」を使用します。

-M $file

サンプルプログラム

ファイル演算子 -M を使って最終更新から経過した日数を取得するサンプルです。

use strict;
use warnings;

# 最終更新から経過した日数を取得する。
# -M $file

print "1: 最終更新から経過した日数を取得する。\n";
my $file = "a.txt";
if (-e $file) {
  my $from_last_modify = -M $file;
  print "最終更新から $from_last_modify 日経過しています。\n";
}
else { print "$file は存在しません。\n" }
Perlテキスト処理のエッセンス
  • 初級者向け・テキスト処理と正規表現の基本をマスター
業務に役立つPerl
  • 実務者向け・ログ解析など日本語を含むテキスト処理の実践!
Perlクラブ
  • 仲間と出会い
    ゆとりあるエンジニアライフを送る